ブログ

07/15

アインシュタイン

こんにちは、明青ゼミナールの佐藤です。

今日は英語の勉強を兼ねて名言を一つ紹介しますね。

 

 There are two ways to live: you can live as if nothing is a miracle; you can live as if everything is a miracle.

 

【和訳】二つの生き方がある。奇跡など何ひとつないかのように生きることもできるし、すべてが奇跡であるかのように生きることもできる。

 

20世紀最大の物理学者と言われたアルベルト=アインシュタインの名言だそうです。物の見方をかえれば、今の状況が180度変わってしまうのではと思わせる名言ですよね。「〜as if・・・」は高校英語の文法では、仮定法のところで出てくる必須の重要表現です。意味は「まるで〜かのように」です。高校生は必ず覚えてください。もちろんアインシュタインはすべてが奇跡であるかのように生きていたからこそ、いろいろな物理法則を発見できたのだと思います。

ちなみにアインシュタインの睡眠時間は1日10時間だった言われています。10時間は長すぎるように思えますが、やはり頭を酷使したので、たくさん休める必要があったのかもしれません。

 

 ※アルベルト=アインシュタイン (1879年3月14日〜1955年4月18日)  ドイツ生まれ。1921年にノーベル物理学賞を受賞。特殊相対性理論および一般相対性理論を発表し現代科学の基礎を作った20世紀最大の物理学者。

続きを読む
07/12

夏期講習

夏期講習ですが、「夏休みの部活等の予定が出ていなくて提出できないのですが、どうすればいいですか?」という質問をいくつかいただきました。その場合は決まっている期間までの予定で提出してしてもらって、残りは決まり次第再度提出してもらって大丈夫です。また、変更することもできます。その他、ご相談があれば気軽にご連絡ください。

続きを読む
07/10

期末テスト

こんにちは、浦本です。

記録的な猛暑日が続いていますが、一方で突然雨が降り出すなど不安定な天気が続いていますね。体調を崩さないように気を付けましょう。

先週は3期制の学校で期末テストが行われ、今週テスト返却されている学校が多いです。中間テストに比べ、数学等は難しい単元がテスト範囲になっている場合が多かったです。

中間テストとの間隔が1か月程度で、大変でしたが皆さん頑張っていました。逆に中間テストで思うように取れなかった分、すぐに挽回する機会があってプラスに働いた生徒さんもいました。

テストが終われば授業はほとんどないという学校もありますが、一息ついたら暑さに負けず、また頑張りましょうね。

続きを読む
ページトップ