ブログ

02/05

田奈中学校の学年末試験まであと少し。

こんにちは、板橋です。3年生の高校入試試験が迫る中、中学1年生2年生の最後の定期試験ももうすぐです。明青ゼミナールでは田奈中の試験傾向に合わせて対策を行っています。気になる方は是非お問い合わせください。

中学2年生は、2年生の成績を変える最後のチャンスです。2年生の成績は来年の高校入試の合否に影響します。学年末試験での結果で、内申点を1上げることが、来年度の受験校の選択肢を増やすことにつながります。中学1年生は、これまでの集大成です。2年生から徐々に受験を意識しなければならなくなります。1年生での成功体験を来年度につなげ、前向きに高校に向けて勉強できるように指導をしていきます。

02/02

受験直前は点数を上げる技術を磨く。

こんにちは、板橋です。2月に入り受験まで残すところ11日となりました。試験が近づくにつれて、何をしたらいいのか迷う受験生も多い様です。明青ゼミナールではこの時期だからこそ、テストで点数を上げる技術も上げていきます。具体的には、入試と類似した問題を授業内で扱い、問題を解く力を磨きます。テストで高い点数を取る為には、時間内でより多くの問題を正解する必要があります。自己学習では、この「時間内に」という意識がなかなか育まれません。そこで、塾では生徒ひとりひとりの現状に応じて、解く問題の優先順位を指導していきます。1教科50分だからこそ、問題を選択する力は大きな差になります。更に、残り期間が短いからこそ、勉強する事も優先順位を付けることが大切です。本番で1問でも多く正解する力を付けられるように、目標点や現状を踏まえたうえで、学習する内容を決めていくことが合格につながります。解らない問題を教えるだけでなく、点数を取るために必要なことを塾で教え、その積み重ねが合格につながると信じ生徒たちと頑張ります。

01/20

入試本番まであと少し!面接対策で差をつける!

こんにちは、板橋です。入試が近づくにつれ、生徒からの授業後の質問が普段以上に増えてきています。「数学が苦手」と言っていた生徒が、難しい関数の問題を前にして、必死に解こうと頑張っている様子をみると、やっぱり自分の目標に向かって頑張ることは、子どもたちを大きく成長させるのだなと改めて感じます。

高校入試では、試験に面接があります。明青ゼミナールでは、面接の対策として「教室の入室の仕方から立ち姿、お辞儀の仕方、質問への答え方、面接終了後の挨拶など」面接を一から指導しています。自分の考えを人に伝えることがどんなに苦手な生徒も、何度も練習することで慣れてきます。そして、塾の先生から褒められて少し自信をもって当日に望めます。

 

残り少ない日の中で、できることをコツコツと積み上げていく毎日です。

01/15

公立入試まで残り1カ月となりました

こんにちは、板橋です。冬休みが終わり公立高校合格を目指す生徒たちも、一層受験への意識が高まってきています。明青ゼミナールでは、これまで時間を掛けて積み上げてきた基礎知識を、本番での点数につなげる為、日々入試本番の試験を模した教材を用いて指導にあたっています。テスト問題を解きアウトプットすることで、知識をしっかり点数に変える技術を身に付けることが狙いです。同時に、生徒ひとりひとりの弱点を見つけ、その場で先生たちが解説することで、集中力の高い状態の中知識の定着を図れます。試験が近づくにつれて、ひとりひとり異なった不安を持ちます。こまめに声を掛けながら、精神的なサポートもできるように、日々の会話を大切にしています。

01/01

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、心より御礼申し上げます。

「学力の高低に関係なく、生徒の目標を叶えることに精一杯の協力をします」という明青ゼミナールの理念を胸に、コンセプトである「アットホームかつ成果の出せる塾」を目指し、本年も邁進してまいります。
輝かしい新春を迎え、謹んで皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

平成30年 元旦

12/29

年末年始の休校日のお知らせ

明青ゼミナールは、12月30日から1月3日までが、5週目と年始により休校となります。この期間は自習室も利用できませんのでご注意ください。

 

1年間ありがとうございました。

平成30年も宜しくお願い致します。

12/26

明青ゼミナールの授業後のひとこま

こんにちは、板橋です。気温がぐっと下がり寒い日が続いています。今日は寒さに負けず、温かい塾環境を作ってくれている先生たちの授業後の様子をご紹介いたします。先日、授業後の話し合いの中で、「どうすれば生徒たちの苦手な科目を伸ばすことができるのか」という話になりました。各々の工夫を話しながら、他の先生の話に興味深々の先生たちをみていると、私もさらに頑張らなければと刺激を貰いました。生徒ひとりひとり得意不得意があります。どんな子も苦手な教科や、難しい分野に取り組むことには頑張りが必要です。ひとりひとりの努力をしっかり褒め伸ばす、分からないところは解説をかみ砕きながら、わかることを1つ2つと積み重ねる。そして、テストの結果にしっかりつなげていくことを心掛け、冬期講習も講師一同頑張ってまいります。

 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 22 23 24 次へ
ページトップ