ブログ

10/11

ドラ1候補

こんにちは、浦本です。

先日、高校野球の神奈川県秋季大会の準決勝を保土ヶ谷球場へ見に行きました。

第二試合は桐光学園戦だということで、今年のドラフトの目玉、松井祐樹投手が後輩の応援で来場していて、桐光学園の応援席で大はしゃぎでした。

試合は桐光学園投手陣が満塁本塁打を打たれるなど序盤から失点を重ね、劣勢が続く展開。それでも応援席の松井投手はハイテンションで上機嫌のようでした。

終盤、ついに松井投手はおとなしくなり、応援疲れかな、なんて思っていたら、敗戦が決まった瞬間は呆然としていたので、ただ単に、本当に負けそうになったから途中から元気なくなっただけのようでした(笑)

私は毎年甲子園球場へ観戦に行く「高校野球好き」なのですが、去年の甲子園で見た松井投手は先輩に囲まれた2年生ということもあったのか、マウンドでも頼りなさげな雰囲気でした。しかし、この日の松井投手はオーラ全開で、その変化にちょっと驚きました。

松井投手にとって、良いドラフト会議になるといいなあ、と思った一日でした。

 

10/04

中3通知表

こんにちは、浦本です。

田奈中では先週、中3生が一足先に前期通知表の評定が配布されました。満足の生徒さんや悔しい思いをしている生徒さんといることと思います。

入試で実際に使用する内申点は、11月20日からの後期中間テストまでを含めて改めて評定が付けられます。

そして、その評定は例年教育委員会が公表している数値を見ても、前期通知表より上がるケースが多いことが証明されています。

明青ゼミナールでは、9月の期末テスト以降は受験対策を中心に授業を進めていますが、10月半ば過ぎから中間テスト対策の内容に戻る予定です。

内申点を上げるため、提出物等の平常点を含め、11月の中間テストまで諦めずに頑張りましょう。

09/21

期末テスト

こんにちは、浦本です。

田奈中では期末テストが終了して、今週は結果が返却されました。授業もテスト直しや復習を中心に行いました。来週からは、新しい単元に入っていく予定です。

次回の中間テストは11月21日から(中3は20日)になります。前期期末と後期中間は、年4回あるテストで最も期間が短く2か月後です。

今回良かった生徒さんは、勢いを持続して、良くなかった生徒さんは、すぐに挽回のチャンスがあるので気持ちを切らさずに頑張りましょうね。

08/29

無料体験授業で田奈中の期末テスト対策が受講できます。

明青ゼミナールでは、田奈中の期末テストに向けた対策授業が無料体験出来ます。

科目も自由に選べますので、気軽にお問い合わせください。

08/24

夏期講習 終盤

こんにちは、浦本です。

もうずぐ夏期休暇も終わりですね。

夏期講習では、生徒達は暑さや急な大雨など、塾に来るだけでも大変だったと思いますが、皆さん頑張りました。

厳しい状況でも頑張ったことというのは、力や自信になって大きく返ってくるはずです。

夏期講習もあと少しですが、最後まで頑張りましょうね。

08/07

部活動

こんにちは、浦本です。

夏になり、部活動では新チームが始動している部が多いですね。早速「練習試合に出た」といった生徒さんも結構いて、新たなモチベーションを持って取り組めるようです。

また、一方では、中3生が次々と引退を迎えました。最後の大会を劇的な敗戦で終えた生徒さんもいるようですが、最後まで続けたことは今後の自信になり、良い思い出にもなるのでしょうね。

生徒さんの部活の話を聞いていると、自分の学生時代を思い出して懐かしくなります(遥か昔ですが笑)。

暑いので、運動する際は、水分補給をしっかりしましょうね。

07/15

アインシュタイン

こんにちは、明青ゼミナールの佐藤です。

今日は英語の勉強を兼ねて名言を一つ紹介しますね。

 

 There are two ways to live: you can live as if nothing is a miracle; you can live as if everything is a miracle.

 

【和訳】二つの生き方がある。奇跡など何ひとつないかのように生きることもできるし、すべてが奇跡であるかのように生きることもできる。

 

20世紀最大の物理学者と言われたアルベルト=アインシュタインの名言だそうです。物の見方をかえれば、今の状況が180度変わってしまうのではと思わせる名言ですよね。「〜as if・・・」は高校英語の文法では、仮定法のところで出てくる必須の重要表現です。意味は「まるで〜かのように」です。高校生は必ず覚えてください。もちろんアインシュタインはすべてが奇跡であるかのように生きていたからこそ、いろいろな物理法則を発見できたのだと思います。

ちなみにアインシュタインの睡眠時間は1日10時間だった言われています。10時間は長すぎるように思えますが、やはり頭を酷使したので、たくさん休める必要があったのかもしれません。

 

 ※アルベルト=アインシュタイン (1879年3月14日〜1955年4月18日)  ドイツ生まれ。1921年にノーベル物理学賞を受賞。特殊相対性理論および一般相対性理論を発表し現代科学の基礎を作った20世紀最大の物理学者。

 前へ 1 2 3 ... 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 次へ
ページトップ