ブログ

01/21

公立高校入試まであと3週間余りになりました

こんにちは、浦本です。

公立高校入試まであと24日です。明青ゼミナールの授業では、受験生達は日々公立入試の予想問題に取り組んでいて、その出来に一喜一憂している毎日です。

公立入試は傾向がはっきりしています。去年、問題形式が変わりましたが、変わった後の形式がしばらくは続いていくはずです。

特に数学は分かりやすい変更だったため、非常に対策が立てやすくなっていて、入試まで残り24日間と決して多くの時間はありませんが、点数を伸ばすことは充分可能です。

この時期は「ここの問題は確実に取ろう」「ここは出来れば取ろう」「ここは捨てるから、その分他の問題を1問でも多く取れるように勉強していこう」というような感じで、本番で少しでも多く点数を取るため、シビアな指導方針で授業を進めています。「自分はこの問題は捨てなきゃいけないの!?」と誰しも少なからず驚きますが、そこは私達を信じてもらって大丈夫なので安心してください☆

今週の土曜日には、予想問題を使って本番と同じように時間を計って模試の形式でテストをする予定です。その場で採点して返却するのですぐに結果が分かります。まずは土曜日のテストを目標に頑張りましょう。

ページトップ